そこたび.com

暇な週末そこまで旅。高画質写真多め。旅行/グルメ/アウトドア/その他情報をレビュー!

旅行

ザ・リッツ・カールトン沖縄を紹介します!【泊まってきた感想・お部屋・スパ・食事をレビュー】

投稿日:

【目次】

①ザ・リッツ・カールトン沖縄に泊まってきました!

②リッツ・カールトンとは?場所や宿泊料金など

③泊まってきたので紹介します!

④アフタヌーンティーだけでも楽しめます

⑤スパトリートメントは人生でNo.1!

⑥沖縄オススメ観光地やホテルなど

⑦終わりに




①ザ・リッツ・カールトン沖縄に泊まってきました!

今回は沖縄の高級リゾートホテルである「ザ・リッツ・カールトン沖縄」を紹介します。

前々回ご紹介したザ・ブセナテラスと並んで、沖縄でも屈指のラグジュアリー&リゾートホテルです。

部屋や食事は勿論、アフタヌーンティーやスパも体験してきたのでご紹介します!

 

 

②リッツ・カールトンとは?場所や宿泊料金など

ホテルの情報は以下の通りです。

施設名 ザ・リッツ・カールトン沖縄
住所 沖縄県名護市字喜瀬1343-1
公式HP リッツ・カールトン沖縄公式HPはこちらから
備考 問い合わせ先はこちらから

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄(英称:The Ritz-Carlton OKINAWA)は、2012年5月28日開業、沖縄県の最高級ホテルである。運営はザ・リッツ・カールトン。2007年5月24日開業の『喜瀬別邸ホテル&スパ』を、2011年9月1日閉館、及びリブランドの改修を経て開業。

スイートルーム2タイプ2室を含む、全97室。

Wikipediaより抜粋

上記のWikipediaの通り、沖縄のみならず日本全国でみても、高級・極上のサービスを受けることができます。

泊まってみた感想としては、ゴージャスというよりはラグジュアリーという感じ。

沖縄の雰囲気のなか、優雅にゆったりと過ごせる時間はなんとも贅沢でした。

 

気になる宿泊費は一人あたり約20000円前後〜です。

沖縄なので、季節によって値段が変わるのは他のホテルと同様です。

(トップシーズンは夏、安く泊まりたいなら冬や1月下旬などを狙うと良い。)

 

今回はHISの沖縄プランに追加料金(約10000円)を支払って泊まってきました。

個別にホテルを予約するよりもお得だったのを記憶しています。

元が高いホテルなので、パック等に抱き合わせすると割安感がでます。

 

もしホテルのみ予約の場合は、公式サイトよりも外部格安サイトを狙った方がお得かもしれません。

ただし一見安いプランでも、朝食がついてこなかったりする場合もありますので、注意してください。

(折角泊まるのですから、つけられるものはつけといたほうが良いです。なんと言ってもここの売りは気の利いたサービスなので。)

 

 

③泊まってきたので紹介します!

写真大量でご紹介していきます。

(ほぼ時系列順に並んでいますが、気になるページは以下リンクからとんで読むことができます。)

 

A.エントランス・チェックイン ホテルの顔のエントランス。広々として高級感が漂います。
B.お部屋 デラックスルームに宿泊しました。
C.アメニティー これ、本当に使い捨て?豪華で盛り沢山なアメニティーをご紹介。
D.館内散策 広大な敷地内を探検してきました。
E.夕食 石焼のタコライスと泡盛をいただきました。
F.ブティック 洗練されたお土産はこちらで。グラスを購入しました。
G.朝食 朝食激ウマ!こんなに美味しいところは中々ないです。

 

A.エントランス・チェックイン

レンタカーでナビを入れて向かいました。

高速降りてからはそこまで遠くはなかったです。

 

驚いたのは、敷地の広さ。

周囲にゴルフ場や様々な施設があるので、ホテルの入り口がわかりませんでした。

(当ホテルへは2回行ったことがありますが、2回とも通り過ぎました...笑)

ホテルのエントランスへは、上写真の看板を目標に、石畳の道路を進んでください。

 

エントランスはこんな感じ。

(間違っても汚れた靴では入れませんね...)

エントランス前に車を停めると、すぐさまスタッフさんが来てくれて荷物下ろしと、車を駐車場まで運んでくれます。

 

天井、高い!

写真には写っていませんが、手前側にチェックインカウンターが並んでいます。

カウンターではお茶やジュース等の飲み物をいただきながらチェックイン手続きをします。

アフタヌーンティーやスパの予約も一緒にできました。

 

当時はアフタヌーンティーとスパがセットになったお得なプランがありました。

別個に頼むよりも一人当たり5000円くらいはお得なプランでしたが、今もあるのでしょうか?

 

エントランスの見所はこの抜けの景色です。

美しいです。

オープンエアになっており、リゾートらしい開放感が味わえます。

 

 

B.お部屋

今回私が宿泊したお部屋は、「デラックスルーム」です。

(客室2名、ベッド2、バルコニー付き)

お部屋の詳しい説明は以下の通りです。

 

素晴らしい眺望

  • 広々としたテラスから臨むパノラマビュー
  • 眺望を大切にした床から天井までのスライドドア
  • お部屋での時間を快適にお過ごしいただける広さ(約45平方メートルの空間)

ゆとりある大理石のバスルーム

  • 自然光の入る快適な空間
  • 大理石をあしらった個室のレインシャワーとバスタブ
  • 贅沢な英国「アスプレイ」のバスアメニティ

ラグジュアリーな設備

  • ネスプレッソ エスプレッソマシーン、電気ケトル
  • ベッドサイドの照明コントロール
  • ジェノバサウンドシステムとiPod

リッツ・カールトン公式HPより

 

その他の部屋一覧は以下の公式HPからご覧ください。

リッツカールトン沖縄客室紹介ページへ(こちらをクリック)

 

広々として落ち着いていながらも高級感があるお部屋です。

ベッドはふかふかで調度品もセンスあります。

一番下のグレードの部屋でこんなに良いのかと驚きました。

 

バスルームはこんな感じ。

後に紹介しますが、アメニティが良いです!

また、極厚のタオルやバスローブでとても気持ち良かったです。

こちら以外にも個室のレインシャワーもありました。

 

部屋の目の前がゴルフ場となっているので、窓全開ではいると丸見えです。笑

もちろん、カーテンがあるのでご心配なく。

 

テラスはとても広くて、ゆったりと寛げます。

先ほども言いましたが、目の前がゴルフ場なので若干人の目が気になる感がありますが、安い故の低層階なので仕方なしです。

(プレー人数は早朝に数名みただけの上距離があるので、私はそこまで気になりませんでしたが...)

 

もし人目が気になる方や、目の前がゴルフ場はなぁ...という方は、一つグレードを上げた「ベイデラックスルーム」をオススメします。

詳しい説明とURLは以下のリンクよりどうぞ。

 

ベイデラックスルーム公式HPはこちら

ベイデラックスルームは、リゾートの高層階(5~6階)に位置し、東シナ海・名護湾や本部半島、晴れた日には遠く伊江島までを見渡せる、豊かな眺望を誇る客室です。

全室に緑越しに海と空を望むことができるビューバス、自然の光と風を肌で感じる広いテラスが設置されています。

リッツ・カールトン公式HPより

 

その他、壁には綺麗な刺繍?があったり...

 

ミネラルウォーターやコーヒー、紅茶なども備え付けられていました。

 

 

C.アメニティー

流石はリッツ・カールトン。

アメニティも豪華でした。

ハブラシやヘアブラシ等は、棚を開けると豪華な箱に入って置いてありました。

 

シャンプー・リンスは英国王室御用達ブランド である「アスプレイ」

香りがとっても良いです。

 

バスソルトもよかったです。

調べたら沖縄のメーカーのもので、通販サイトもありました。

以下ににURLを貼っておきますので、御参考にどうぞ。

YUKUI公式オンラインショッピングHPはこちらから。




D.館内散策

ホテル館内は広大なので、ゆっくりお散歩してきました。

こちらはレストラン近くのスペースです。

日中こちらで景色を見ながらゆっくりしても良いですし、夜には満点の星空が広がっていました。

周囲に高い建物がないので、穏やかな海風が心地よかったです。

 

こちらは中庭。

エントランスからレストラン近くにアクセスができます。

勿論、建物内にも通路があるので、天気が悪くても安心です。

 

こちらはプール前の休憩スペースです。

あいにく、プールに入るには気温が低めだったので今回は断念しました。

夏場はプールに入るのも良いですし、あえてプールに入らずゆっくり過ごすのも良さそうです。

 

中に入るとライブラリースペースもありました。

 

 

E.夕食

夜はホテル内のダイニングで夕食を頂きました。

レストラン一覧はこちらから。(公式HPにとびます。)

 

今回選んだのは、「ダイニング グスク」です。

アフタヌーンティーを15時前後に楽しんでいたので、軽めの夕食を求めに行きました。

 

中庭は昼間とは違い、落ち着いた雰囲気になっていました。

 

先ずはオススメの泡盛と、シーザーサラダ(チキン)を注文しました。

 

メインは「ザ・リッツ・カールトン沖縄オリジナル石焼きタコライス」にしました。

アツアツで美味しかったです。

 

 

F.ブティック

食後に館内にあるブティックをのぞいてみました。

公式HPはこちらから。

 

こちらにはホテルで使用されているグラスや小物、お土産などが販売されています。

 

当初は何も買うつもりが無かったのですが、素敵なグラスを発見してしまいました。

 

当ホテル近くにあるお店のもので、PLANETシリーズというものらしいです。

太陽系にある惑星をイメージして作られたコップは、透き通った綺麗な色や凹凸の加工が為されたものまで様々です。

私はNEPTUNEとVENUSを購入しました。

 

こちらがNEPTUNE。

 

こちらがVENUSです。

 

また、ダイニング グスクで泡盛のグラスとして出されたこちらのグラスも購入しました。

 

 

G.朝食

正直、リッツ・カールトンで一番記憶に残っているのは朝食でした。

場所はディナーと同じく「ダイニング グスク」です。

 

沖縄県産の食材を沖縄料理、和食、洋食でお楽しみいただける朝食ブッフェ(7 時~10 時 30 分まで) では、日替わりのちゃんぷるーや焼き魚、オーダー制のライブキッチンに、フレッシュジュースをご用意しております。開放的な雰囲気の中でお楽しみいただけるリゾートらしい朝食体験をお楽しみください。

リッツ・カールトン公式HPより

 

ブッフェ形式なので、自分で好きなものを選ぶことができます。

特に美味しかったのが、パンです。

焼き立てで、プレーンやしょっぱいものから甘いものまで種類が豊富で、どれも美味しかったです。

ホテルでこんなに美味しいパンが食べられるところは、今のところここ以外に出会っていません。

 

パンだけでなく、サラダやフルーツ、卵料理やスープまで様々です。

何気にオレンジジュースがとても美味しかったです。

ジュースや牛乳はどれも瓶入りで、持ち帰って飲みたいなと思いました。

 

 

④アフタヌーンティーだけでも楽しめます

今回はアフタヌーンティーも楽しんできたのですが、これがまた良かった。

写真のボリュームが多いため、別ページで紹介予定です。

更新され次第、こちらにもリンクを貼ります。




⑤スパトリートメントは人生でNo.1!

チェックイン時に、アフタヌーンティーとスパのセットがお得だったので、一緒にスパも体験してきました。

今まで、ちょこちょことマッサージやスパを体験してきましたが、正直ここが一番好みでした。

詳しい情報や料金などは以下のリンクよりどうぞ。

スパ公式HPはこちらから。

 

最初にお風呂に入って体を温めてから、スパの流れでした。

体を温めたら後にこちらのソファーで座っていると、担当の方が呼びにきてくれます。

 

スパは内容によって変わりますが、今回は「リラクゼーション」というアロマトリートメントを受けました。

自分の好みの香りを楽しみつつ、適度な力加減でまさに極楽。

何度も言いますが、ここより良いスパは未だ知りません。

気持ち良すぎて、途中で寝るのは勿体無いです。

 

 

⑥沖縄オススメ観光地やホテルなど

当ブログの沖縄関連の記事をまとめました。

 

ブセナテラスを紹介します!【沖縄にある高級リゾートホテルを1万円代で宿泊!泊まった感想をレビュー】(こちらをクリック)

 

上記以外にもオススメスポットを随時更新予定ですので、是非そちらもご覧ください。

(今後こちらにリンクを貼っていく予定です。)

 

 

⑦終わりに

宿泊して、リッツ・カールトンは最高でした。

ホテルの雰囲気からサービスまで、不満点が無かったです。

ここまで楽しめるのであれば、この料金を出しても良いなと思いました。

 

今回のリッツ・カールトンだけでなく、以前にはブセナテラスも宿泊しています。

以下にリンクを貼りますので、是非そちらもご覧ください。

(見比べてみるのも面白いかも...)

 

Twitterでは、お出かけスポットやグルメ情報を写真多めで紹介しているので、是非ご覧ください!

下のボタンをクリックするとフォローできます!
(出てこない方は@takanotume08で検索お願いします。)

 

ブセナテラスを紹介します!【沖縄にある高級リゾートホテルを1万円代で宿泊!泊まった感想をレビュー】(こちらをクリック)

 

宮城県 温泉山荘 だいこんの花の感想。自由に使える貸切露天風呂・豪華食事を紹介【人生で一番の宿】(こちらをクリック)

 

茨城初!駅ナカの星野リゾート 「BEB5土浦」にオープン初日で宿泊!【受付,部屋,グルメを紹介】(こちらをクリック)

 

【目次に戻る】




-旅行
-, , , , ,

Copyright© そこたび.com , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.