そこたび.com

暇な週末そこまで旅。高画質写真多め。旅行/グルメ/アウトドア/その他情報をレビュー!

旅行

宮城県 温泉山荘 だいこんの花の感想。自由に使える貸切露天風呂・豪華食事を紹介【人生で一番の宿】

更新日:

【目次】

①だいこんの花いってきました!

②実際に行ってレビュー(写真たくさん!)

③オススメ!一の坊倶楽部

④終わりに




①だいこんの花いってきました!

先日、宮城旅行の記事をあげましたが、今回はその続きの宿編をやります!

前回の記事は以下の通りです。

 

【宮城県 旅行先の感想】蔵王キツネ村 仙台うみの杜水族館 牛たん利久 だいこんの花を紹介!(こちらをクリック)

 

私が一番オススメする宿を紹介します!

だいこんの花の基本情報は以下の通りです。

温泉山荘だいこんの花(公式ホームページ、予約もこちら!)

場所 〒989-0916 宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字遠刈田北山21-7
電話番号 0570-04-1155 (受付時間10:00~17:00)
駐車場 予約不要。無料。東門(夏)と西門(冬)の2つある。
特徴 1万坪の森にたった18室の部屋。4つの貸し切り露天風呂はいつでも追加料金なしで利用できる。森の中に休憩処があり、餌を啄む小鳥やリスを横目に、ビールやアイス、飲み物も自由につまみながらくつろげる。自慢の食事は野菜が贅沢に使われ、豪華で美味しい。

なんといっても、スタッフさんとの距離感が絶妙で、ストレスなく自由で快適に過ごせるのも良いです!

外資系高級ホテルのような手厚いサービスも良いですが、どうしても人の目が気になる点があるのも事実。

こちらはつかず離れずの関係で居られ、まるで自宅にいるような感覚で泊まることができます。

 

 

②実際に行ってレビュー(写真たくさん!)

 

以下に各リンク貼っておきます。

・チェックイン

・お部屋

・温泉(貸し切り)

・どんぐりコテージ

・子とりサロン

・ダイニング コの字

・お夜食&イブニングbar time 母屋

・朝食

 

チェックイン

キツネ村に立ち寄り、その後宿に向かうことに。

いやーやっちゃいました。

チェックインは15時なのに、14時過ぎに着いちゃいました!

気合入れすぎました。笑

駐車場に車を止めると、即座にスタッフさんが来て荷物を持って下さいました。

因みに駐車場は東門(夏)、西門(冬)の2か所あります。

東門はエントランスから遠いですが、お庭を楽しむことができます。(冬季は閉鎖)

西門はエントランスから近くなっているので、ご年配の方にオススメです。

エントランス入ってすぐの母屋でチェックイン手続きをします。

こちらで予約の確認や館内施設、イベントの説明を受けます。

因みに後ほど紹介する、一の坊倶楽部に登録していると手続きがより簡単になります。(年会費無料で、ポイントも付く!)

館内施設はこんな感じ。(文字が小さくてすいません。クリックすると拡大します。)

自慢の貸し切り露天風呂は4つ!予約不要、いつでも入れて無料!

これがまたいいんだ。

また天候や季節によりますが、星見台やほたるスポットがあります。

私は11/7、8で宿泊したのですが、この時期のイベントはこんな感じ。

happy hourではどんぐりコテージにて、エビスビールと芋煮が無料で振舞われます。

因みにどんぐりコテージでのビールや、小とりサロンのアイスキャンディ、冷たいジュースやホットコーヒー、お茶、菓子などは通年無料で提供されています。

夜は母屋でビッフェデザートや、各種お酒、おつまみ、蒸しパンや玉こんにゃくなども無料で振舞われるので、お腹は減らしてから行きましょうね!

1万坪の森の中にたったの18室。

なので、こんな感じで橋?で繋がっています。(屋根もあるので雨でも安心!)

説明が終わり、チェックイン時間より前倒しでお部屋に案内して頂きました。

 

 

お部屋

今回はブナというお部屋。

客室露天風呂は無いですが、その分リーズナブルに宿泊できるお部屋にしました。

(前回は客室露天風呂のお部屋に宿泊して、これがまた良かったのですが、今回は平日で貸切露天風呂が空いていると考えたのでこちらに。)

言ってしまえば前回よりも、ランクダウンのお部屋なので、あまり期待していませんでしたが、良い意味で裏切られました。

ここ、十分広いじゃん!

天井も高い!

そしてお気に入りのこのスペース。

今回2人ですが、贅沢にも3脚ありました。

私のお気に入りはこのピンクの椅子。

景色と、バルコニーがあります。

写真の角度が悪く、となりのお部屋が映ってしまってますね。

近いように見えて、段差があるので目線は合わないです。

(ただ、流石に窓全開にすると見えてしまうので、そこは気になりますね。)

入るとお菓子も沢山用意されていました。

美味しかったので、売店で買って帰りました!

あとここもお気に入り。

小上がりになっていて、きれいな畳が敷いてあります。

食後に枕を持ってきてここで横になったりしました。

それ以外にも、書斎があります。

このポストカードはフロントで出すと、無料で自宅まで郵便配送してくれます。

絵はこちらのスタッフさんが書いていて、とれも綺麗です。(しかも時期によって変わるので、全部集めてみたい!)

しかも、半分に折ると本の栞として使えるようになっています。是非頂きましょう!

お部屋には、ダイキンのエアコン2台や、空気清浄機があるので、乾燥させずに暖かくできます。

最初から用意されているのが良いですよね。




温泉(貸し切り)

ここで部屋探索も終わり、浴衣に着替えて露天風呂巡りに行きました!

(浴衣以外にも、作務衣があるのでお好きなほうで!)

お部屋に置いてあった、お風呂セットを持って向かいます。

客室露天風呂がない部屋ですが、露天風呂までが近いのでよかったです。

一部紅葉がみられます。

この先に2つの露天風呂、「通り雨」と「雪待ち」があります。

ここだけは屋根が無いので、雨が降ると厄介です。

露天風呂の手前にこのような看板があるので、入るときにひっくり返します。

その上、道を通せんぼするように竹竿を置きます。

これで人が入っているよーって合図になります。

ということで、最初は「通り雨」に来ました!

ザ・自然って感じ。深夜は怖いかもです。笑

この露天風呂は私の一番のお気に入りです。

宿の一番奥で、静かです。

奥の椅子に座ると、下に流れる川と紅葉が綺麗でした。

入るとこんな感じ。

丁度良い湯加減です。

この感情を極楽と名付けることにしました。

紅葉にはちょっと早いかなと思いましたが、色づき始めで丁度良かったかもしれません。

体が温まったところで、次の露天風呂に向かいます。

お次は「雪待ち」です。

ちょっと手前にあるので、湯めぐりが簡単にできます。

先ほどは木のお風呂でしたが、こちらは岩風呂。

落ち葉を網ですくってから入浴しました。

いやー、いい湯。

この感情を.....

それはともかく、こちらは先ほどのお風呂よりも、より近く川が見ることができます。

今更ですが、脱衣所はこの写真の右手側です。

オープンな脱衣所です。笑

川の向こうも森なので、人の目はないのでご安心を。

温泉の効能も各露天風呂に掲示されています。

本物の温泉ですね。(当たり前だけど)

ここの源泉温度はかなり熱めなんですね。

さて、これで終わりではありません。

チェックイン後のこの時間が空いている(はず)なので、一通り入ります。

ここはどこの温泉も素晴らしいんです。

お次は「星の林」

ここは先ほどと違い、シャワーブースがついています。

脱衣所も、壁付き。

ワイルド感薄目となっております。笑

サンダルが置いてあるので、素足が気になる方はそちらを使用してください。

寒いので、ダッシュで入りに行きます。

ここの木枕に頭を預けると空を見ることができます。

だから星の林なのかな?

因みに先ほどのお風呂よりも少し広くなってます。

ここまで来たら、もう一種類お風呂入りましょう!

最後の露天風呂は「朝かぜ」

ここは私の中で2番目に好きな露天風呂です。

因みに先ほどの「星の林」とはお手洗いを挟んでお隣にあります。

こちらは露天風呂の中で一番広いので、大人数で入りたいときはこちらを使いましょう!

(シャワーブースもあります。)

唐突ですが、この後事件がおきました。

寒い寒いと、ダッシュで入ったら、ほぼ水でした。ぬる湯?

掃除のときか、他の宿泊客が水を全開にしていたんですね。

しかたない。

水を閉めて、またあとで来ることにしました。

で、夜に来た写真はこちら!

昼間も良いですが、夜も風情があって良いですね。

結構広いです。

あと、個人的に木の方がなんか好きです。

いい湯でした。

これら以外にも、24時間の大浴場「ぎんやんま」があります。

こちらは内風呂と露天風呂のどちらもあり、体も洗えるので、夜はこちらでも良いですね。

(大浴場のみバスタオルやハンドタオルが置いてあるので、手ぶらで行けます。)

 

 

どんぐりコテージ

時間は夕方にもどります。

露天風呂巡り後に体が仕上がったので、ビールと芋煮を頂きに行きました。

やってるやってる。

行くときは時間だけ気を付けましょう。

外で芋煮をスタッフから受け取ります。

落ち着いたバックミュージックもかかっていて良い雰囲気です。

中に入ろうとすると、スタッフがドアを開けてくれました。こういう気づかいはうれしくなりますね。

施設内に入るとビールサーバーが。

ボタンを押せば泡まで自動で作ってくれる、ハイテクサーバーです。

両手いっぱいに席を探します。

ここも良いけど、食べにくいかも...と近くのテーブル付きの椅子に座りました。

セット完了!

丁度小腹が空いて、のどからからでコンディションはばっちりです。

上に載っている山菜の香りや、煮込まれ具合が良かったです。

月によって具を変えているとのことなので、行くたびに発見がありそうです。

因みにこの施設、マッサージや岩盤浴も併設されています。

マッサージは予約制で、こちらでもお部屋でもできます。(料金変わりません。)

岩盤浴は無料で使えます!

タオルも勝手に使って良いので、助かりますね。

因みに外でも飲食可能です。

シャボン玉製造機も置いてありました。

今回は遠慮しました。

やっておけばよかった...

次はどこに行こうかな...

 

 

子とりサロン

ということで、きました。小とりサロン!

ここでは置いてある雑誌や新聞、ボードゲームが出来ます。

そして目玉は、窓際です!

小とりサロンということもあって、小とりが来ます!

画質最悪だけど、これで勘弁してください。

餌が置いてあって、かなり頻繁にきます。

運が良ければリスも来るとのこと!

鳥はもちろん、リスも結構見られるそうなので、ここでゆっくりするのも良いかも。

というのも、アイスキャンディーやドリンクがあるので、おすすめなんです。(もちろん無料!)

アイスキャンディーは地元のおもち屋さんの手作りアイスとのこと。

これ、めっちゃおいしかった!

そのうち全種類制覇してみたいです。

これ以外にもコーヒーとそのシロップや、クッキーなどもあったり

ボードゲームもあります。

今回はオセロをやりました!(勝敗は書きません。察して。笑)

木でできていて、手触り良かったです。

外に出ると、こんなくつろぎスポットも

小とりのさえずりを聞きながら、ゆっくりするのも乙です。

なかなか日常ではそんな時間ないですよね。

そんなこんなで夕食の時間になりそうだったので、ダイニングに向かいます。




ダイニング コの字

さて、向かいましょう!

日が落ちると、さすがに寒くなってくるので、部屋にある上着を着ていきましょう。

(袖なしと袖あり丈長があるのでお好みで!)

夜は夜で良い雰囲気です。

奥に見えてきたのが、ダイニング コの字(...なはず)間違ってたらすいません!

先ずは本日の献立をチェック!

この宿は沢山売りがありますが、なんといっても、ご飯がおいしいんです!

野菜もふんだんで、贅沢ですね。

時期によって献立は変わるので、こちらの公式ホームページでもご確認ください!(連泊時は献立が変わるので、ご安心を。)

ダイニング入り口で部屋番号を告げて、案内をしてもらいます。

入ると、自家製のお酒が。

苺酒美味しそう。飲み頃は来年なので、今回は飲めませんでしたが...

この他にワインセラーもあって、お好みのワインがここでもお部屋でも頂けます。

席は全て個室になっていて、落ち着いて頂くことができます。

このランチョンマットもスタッフさんが書いたものとのこと。素敵ですね。

献立表もチェックします。

これ以外にも、その日採れたお野菜をつかったアラカルトもあるので、そちらを頼んでも良し!(別料金です)

一品ずつ紹介していきますよ!

の前に、先ずはお酒を頼みましょう!

今回はワインマリアージュのハーフコースにしました。(ここでのお酒は別料金です)

料理に合うワインを、タイミング合わせて持ってきていただけるコースです。

ワイン以外にも日本酒の飲み比べや、ビール、ワインボトル、季節の果実酒をいただけるので、悩みますね。

ということで、1品目の蔵王純和豚「ジャパンX」揚げ煮 カリフラワーのスープです。

スタッフさんの料理説明を聞いて頂きます。毎回知識や発見があって面白いです。

2品目、三陸塩釜ブランド鮪「ひがしもの」 ひがしもの鮪と長芋の叩き 三種のハーブ

3品目、地場産蕎麦の実入り 金目鯛のかぶら蒸し

4品目、三陸産牡蠣のグリル エスカルゴバター風味 蔵王高原大根

5品目、蔵王町産 柚子シャーベット

6品目、「仙台牛サーロインステーキ」又は「日高見牛ヒレステーキ」 林檎と人参のロースト

写真はヒレステーキです。

今回、2人で宿泊したのですが、別々を注文して食べ比べしました。

どちらも美味しいですが、個人的にはヒレ派ですね。

ワインは肉ということもあり、赤ワインで頂きました。

といっても重くなく飲みやすいワインですね。普段はあまりワインを飲まないのですが、美味しく頂きました。

何気なくドリンク増えてますが、ちょっと前に「自家製梅酒」というものを見つけてしまって...

ロックで頼んだのですが、正解でした。甘旨です。

(ご飯には合わないので、前菜と楽しむのが良いと思います。)

コースに戻って7品目、蔵王産「ひとめぼれ」仙台味噌仕立 自家製お漬物

これでコースは終了。

尚、デザートは母屋で用意されていて、ブッフェ形式となっています。

母屋はダイニングを出てすぐです。

この席で頂くことにしましょう!

デザート類はこちら

スタッフさんに頼むとブリュレの砂糖をあぶってくださったり、温かいお茶が頂けます。

私はお腹いっぱいなので、少なめにしました。どれも美味しいです!

この後、先に紹介したお風呂に入りに行きました。

 

 

お夜食&イブニングbar time 母屋

お風呂に入ったり、お散歩をしたりして消化を促します。

というのも、お夜食があるので!

時間を見計らって向かいます。

先ほどと打って変わってお酒やおつまみ、ホットドリンクになっていました。

(お酒は、日本酒、ウイスキー、デザートワインなど色々あります!)

さらに、囲炉裏には夜食の蒸しパンと玉こんにゃくがありました。

下に火がついていて、熱々になってます。

この玉こん、味しみてて美味しかった!

デザートワインとはぜんぜんあわなかったけど。(センスなし!笑)

お腹いっぱいになったところで就寝しました。

ぐっすりでした。

 

 

朝食

おはよう!今日はすごく良い天気!

はやおきして朝風呂をきめました!

朝風呂後に一息ついて朝食に向かいます。

場所は昨晩と同じ、ダイニング コの字で。

今回は奥の角部屋です。

ご飯が来るまでに時間があるので、その間はブッフェ形式になっているお野菜やスープ等を頂きます。

このスープ激うま!お代わりしました。

食べていると、スタッフさんが朝食を持ってきてくださいました。

豪華!

因みに、だいこんの葉入りだし巻き卵は、できた瞬間持ってきてくださるので、すぐに食べてしまいましょう!

魚も、出来立てをわざわざ持ってきてくださいます。

皮がぱりぱりでおいしい!

ご飯は100%たりないので、おかわりを貰いましょう!何杯でもOKです!

この後、館内のお散歩、売店、部屋でゴロゴロして、チェックアウトの11:00ぎりぎりまでいました。

後1泊したいなぁ...

(駐車場にとめていた車が少し汚れていたのですが、スタッフさんが気をきかせて窓を拭いても良いでしょうか?と言ってくださいました。ありがとうございました!)




③オススメ!一の坊倶楽部

前回宿泊した際、チェックイン時に一の坊倶楽部に入会しませんか?ときかれたので、入会しておきました。

年会費無料の上、100円につき2ポイント貰えるので、結構すぐにポイント貯まります。

しかも、宮城県内に7施設運営しているので、わりと使えると思います。

(同系列のゆづくしsalon一の坊も泊まりましたが、オールインクルーシブとなっており良い宿でした。)

あと、年4回会報誌が貰えて結構面白いのと、会員限定の格安プラン等つかえるので、入会をオススメします!

一応ここに公式ホームページのリンクを張っておきますね。

因みに、チェックイン時にも即日入会できますよ!

 

 

④終わりに

いかがでしたでしょうか。

この記事でひとりでも興味を持っていただけたら幸いです。

現時点でも十分な人気宿となっており、週末に行くには前々からの予約が必要です。

多分、リピーターも多いんでしょうね。

決して安くはないですが、それ以上に素晴らしく、美味しい料理が食べられますので、記念日等で利用するのも良いのではないでしょうか?

因みに、各4季節ごとに名物メニューがあり、特に人気は夏の「かぼちゃの冷やしフォンデュ」

前回食べたので、画像も載せておきますね。

これ、カボチャ苦手の私でも飲み干すくらい美味しかったです。

またたべたいなぁ。

夏は、宮城蔵王の場所柄涼しいので、避暑地として利用しながら食べに行くのも良いのではないでしょうか?

だいこんの花と一緒に行った宮城県旅行記も載せていますので、以下記事もご覧ください。

 

【宮城県 旅行先の感想】蔵王キツネ村 仙台うみの杜水族館 牛たん利久 だいこんの花を紹介!(こちらをクリック)

 

宮城蔵王キツネ村を紹介します【キツネと直接に触れ合える!】(こちらをクリック)

 

仙台うみの杜水族館で癒されてきたので紹介します!【オススメはペンギン餌やり体験!誰でもモテます】(こちらをクリック)

 

Twitterでもお出かけスポットやグルメ情報を写真多めで紹介しているので、是非ご覧ください!

下のボタンをクリックするとフォローできます!
(出てこない方は@takanotume08で検索お願いします。)

読んでいただきありがとうございました!

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄を紹介します!【泊まってきた感想・お部屋・スパ・食事をレビュー】(こちらをクリック)

 

ブセナテラスを紹介します!【沖縄にある高級リゾートホテルを1万円代で宿泊!泊まった感想をレビュー】(こちらをクリック)

 

茨城初!駅ナカの星野リゾート 「BEB5土浦」にオープン初日で宿泊!【受付,部屋,グルメを紹介】(こちらをクリック)

 

【目次に戻る】




-旅行
-, , , , ,

Copyright© そこたび.com , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.